安くない着物だからこそ専門店の高額買取にこだわろう


総合ランキング
スピード

スピード

スピード買取.jpのポイント1 スピード買取.jpのポイント2 スピード買取.jpのポイント3
実店舗をもたないので高く買い取れる 無料の出張買取査定サービスあり 最速30分査定!丁寧で迅速な対応
  詳細 公式

久屋

久屋

久屋のポイント1 久屋のポイント2 久屋のポイント3
ユーザーの金銭的負担は一切無し 査定完了後は即日入金にも対応 着物類のまとめ売りで買取額最大20%アップ
  詳細 公式

ヤマトク

ヤマトク

ヤマトクのポイント1 ヤマトクのポイント2 ヤマトクのポイント3
宅配買取なので日本全国どこでも対応 送料ももちろん無料 無料梱包キットに詰めるだけで簡単!
  詳細 公式

福ちゃん

福ちゃん

福ちゃんのポイント1 福ちゃんのポイント2 福ちゃんのポイント3
どんな状態の着物でもきちんと買取 高額買取が期待できる 圧倒的な実績で安心に利用できる
  詳細 公式

買取プレミアム

買取プレミアム

買取プレミアムのポイント1 買取プレミアムのポイント2 買取プレミアムのポイント3
出張買取が得意 帯などの和装品も高額買取 買取実績が豊富で顧客満足度も高い
  詳細 公式


留袖は着物の中でも「第一礼装」にあたるものです。それだけに、着物買取の価格が高い傾向が強く、積極的に買取に出したいところです。ということで今回は留袖の買取事情について紹介していきたいと思います。留袖の種類を把握しよう留袖は大きく分けて2種類があります。「黒留袖」そしてそれ以外の染められている「色留袖」です。あまり着物に詳しくない方からすると見分けるのが難しいと感じられるかもしれませんが、簡単に判断...

振袖はいわずも知れた「着物の第一礼装」になります。現代の振袖は「振り」と呼ばれる袖の長さが特徴となっていて、一般的には豪華絢爛、きらびやかなものが多いです。しかし振袖は成人式や大学の卒業式、結婚式(花嫁)で着用したきりで、それ以降一切袖を通していない、という方がたくさんいらっしゃいます。着ることがないのに持ち続けているのはとてももったいないことです。もしもタンスの肥やしになっている振袖があるなら、...

着物の中でも比較的カジュアルに使え、それでいて格式があるのが「訪問着」になります。黒留袖、色留袖に次ぐ準礼装着物になっていて、未婚者、既婚者、年齢問わずに幅広い方たちが様々な場面で着用することを目的とした着物になります。クラス会やお見合い、お茶会などに着用するポピュラーな着物ですし、お世話になった方のお宅に訪問する際にもピッタリです。あまり形式ばったものでない社交の場で活躍してくれます。しかし、い...

付け下げは素朴な柄が多く、あらゆるシーンで着こなしやすい着物です。格は訪問着と小紋の中間に位置する着物となります。全体で見れば略式礼装に分類されるのですが、様々な社交の場で使えることからも人気が高いです。また、既婚・未婚、年齢問わず幅広い人が区別無く着用できるのも大きなポイントとなっています。比較的控えめな印象の付け下げが多いことからも、同窓会やお茶会など落ち着きのある場所で着用されることが多いで...

小紋は着物全体の中で見ても、カジュアルに着れる、いわゆる「普段着」に分類されます。全体に同じ模様が繰り返し描かれていて、これが「小紋」と呼ばれるゆえん。素朴なものが多い一方で、小紋の種類によって実に様々な特徴や色使いが楽しめます。小紋の種類には「江戸小紋」「京小紋」「加賀小紋」「紅型小紋」といったものが挙げられます。いずれも普段着に分類されるのですが、江戸小紋だけはものによって正装として着用するこ...

色無地は柄が一切無い「一色染め」の着物になります。あまり着物に詳しくない人からすると「地味」だと思われがちですが、色無地は本当に優れた着物のひとつなんです。その最大の理由は「紋の数で様々なシーンに使える」から。例えば、色無地に1つ紋をつけると「略式礼装」になります。なので、お茶会や祝賀会といった場所に着て行けるわけです。3つ紋をつけると「準礼装」になります。なんと、無紋の訪問着よりも格が上になるん...

紬は真綿から手紡ぎした糸を染め上げ、それを組み合わせることで実に見事な模様を織り上げていく着物になります。紬は普段着に分類される着物なのですが、とても高級感があり、さらに耐久性に優れていることから現代でも根強いファンの多い着物になります。紬の最大の特徴は、渋いデザイン、そして木綿なのに高級感がある、といった点になります。庶民一般的な着物であるにも関わらず、製作にはとんでもない手間がかかります。その...

特に着物に詳しくない方でも一度は耳にしたことがあるのが「友禅」ではないでしょうか。友禅は「染め」の技術の1つで、着物に使われる最も代表的な染色方法と言っても過言ではないと思います。それだけに、メジャーな着物なのですが、現代の着物ファンの間から根強い人気を獲得しているのが特徴です。友禅を開発したのは江戸時代の京の扇絵師「宮崎友禅斎」と言われています。この友禅をベースにして、全国各地で様々な技術が取り...

上布(じょうふ)は麻糸を使って平織りされた「麻織物」のブランドの1つです。ザラザラとした肌触りが特徴で、非常に通気性が高いことから夏用の和服に使われる素材として知られています。なので、夏物の着物と言えば上布を使っていることが多い、と考えて良いと思います。他の着物と比べると、重量が軽いですし、着用感が随分と違います。夏場になるとその違いが顕著です。縞や絣模様が多いのが特徴で、比較的シンプルなデザイン...

着物と言えば何となく上品なもの、厳格なもの、という印象があります。しかし、大正から昭和にかけての着物に関して言えば少し異なっています。現代風にいうなら「アンティーク着物」と呼ばれるものですね。大正から昭和の時代、女性の考え方やあり方に大きな変化が起こり始めました。これまでは家を守ることこそが女性の役目だったのですが、社会進出を希望する女性が増え始め、その結果アンティーク着物が人気を博したと言われて...